返済する必要がなくなる | 債務整理で借金とさようなら!最終手段も存在しています!

債務整理で借金とさようなら!最終手段も存在しています!

返済する必要がなくなる

積み重なる札

債務整理を行う際、弁護士や司法書士は「どうにかしてこの人が借金を返すことができるようにしよう」という風に思いながら行動するため、今までの借金を1からすべて洗い出して見直しを行い、借金の整理を行ってくれます。
そのため、殆どの人は債務整理が終わった段階で「これなら返済できる!」という風に、返済の希望を感じる事ができるようになるのですが、借金の額と依頼主の収入を比較した際、弁護士や司法書士が「これはどうやっても返済できない」と判断する場合があります。

このようなどうやっても返せない借金が存在しているというのが発覚した場合、弁護士などは「自己破産」というものを勧めてきます。
これは国が借金に悩む人のために設けた「救済措置」で、この自己破産を行うことによって「どれだけ多額の借金があったとしても、すべて帳消しにすることができる」のです。
なので、もし借金が1億円あったとしても、自己破産を行い、申請が受理されるとその場で借金は1億円から0円に変化するのです。

勿論、このような非常に大きな借金をなくすことが出来るような行為に対してデメリットがない訳ありません。
自己破産を行った場合、借金が0円となりますが、代わりに自分が持っている土地や建物、家、家具などの「財産」と呼ばれるものがすべて没収され、手もとには生活に必要な最低限の道具とお金だけが残る状態まで手持ちのものが持って行かれしまうのです。
更に、自己破産後暫くの間は社会的信用の必要な職業に就くことができなくなってしまったり、クレジットカードを作ることができなくなる、官報と呼ばれる国の機関紙に「自己破産者」として、住所と名前が掲載されるようになるのです。
このようなリスクが存在している為、自己破産をするかどうかは慎重に選ぶようにしましょう。